主宰者

南間哲 (Satoshi Nanma)

1977年10月6日 東京都港区生まれ
2007年 合同会社オフィスジノ設立
2009年 ボランティア団体オフィスヴィム設立
2013年 オフィスヴィムが港区社会福祉協議会にボランティア団体登録
2016年 株式会社ヴィム設立

明治15年に創業した南間ホテルから発展した株式会社ヴィムの跡取りとして生まれた私は、幼いころから心臓の発作に苦しむ父親を見て育ちました。
深夜にリビングで発作に苦しむ父親の姿は今も忘れることができません。

30才の時、喀血により入院した私は今後の人生にそれまでと違う核が欲しいと思いました。
病室の天井を見上げ一生懸命に考え脳裡に浮かんだのは心臓発作に苦しむ父親の姿、障害者になった父親でした。
そうして私は障害者福祉に携わるようになりました。

私の30代は沢山の障害者との出会いと関わりがありました。
そうして10年間福祉を通して社会を考えた私は、持続可能な社会について考えるようになりました。
今、日本は苛烈な国際政治の中、少子高齢化、農業、科学技術など多くの課題に直面しています。
我々の暮らすこの社会の持続可能性とはどのようなものなのでしょうか。
皆さまと一緒にSustainable Societyを考えていければと思います。

^